高野久美子のcakeで元気!A piece of pie !

美しくはむずかしいけれど

とても美しい人をみました。
今月始め、友人えみちゃんと過ごした京都のホテルでの事、私は一人でビュッフェスタイルの朝食をとっていました。
ビュッフェの朝食ってご飯にお肉、茶そばにワッフル・・・と延々三時間食べ続けるなんてざら!なぐらい楽しいものだけれどあまり美しいものではない。
取ってきては食べ、取ってきては食べ、というのが落ち着かない。
といってテーブルに山ほどお皿並べているのもハシタナイ。
欲をだして持ってきたものの食べれず残すなんてもってのほか。
パーティーにもいえる事ですが美しくあるのは余程気をつけていないとむずかしい。
そんな中、ひと際目立つその美しい方は一人で朝食を取ってみえました。
少しずつお皿に持ってこられた物を背筋をピーンとのばし、すごく幸せそうなお顔で食べられる。
お箸をきれいな手つきで持たれ、豆を食べる時は「ワオッお豆だ、かわいい♪」ってな表情でぱくんと口に運び、とろりとした物と野菜とかでは噛み方が違う。
よーくお口が動いている、よく噛んでいらっしゃるのだ!
この方の内臓はきっと健康に違いない。食べ物がうまーく消化して血となり、肉となり、体全部がきっと美しい。
その証拠にお肌や髪の毛もつやつやピカピカ。
若い頃と今の私では当たり前だけれど美しいという基準が違う。
ブランド物着ていれば美しいという簡単なものでもない。
化粧や持ち物では覆いきれないものもでてきてしまっている。
(もちろんこういう努力も大事♪)
今まで考えてきた事、普段の心の持ちよう、取っている食事、目にする風景、一生懸命なものがあるか・・・そんな日々の積み重ね全~部が自分の体になり、人相になり、しぐさになってきている。
最近よく感じる事なのですが40歳ぐらいまではどんなに自立していても結婚していたとしても
結局親が作ってくれた体や心を持ち、親の運の中で生きさせてもらっているんだって。
でも人生折り返し地点ぐらいの今、もうこれからは本当に自分の力で自分を作っていかないといけない。
美しくってむずかしいけれどミスユニバースみたいな栄光が昔にあったわけでもなし、これからを体と心を健やかにがんばるぞ。


高野久美子ケーキサロンHP www.takanokumiko.com/
[PR]

by takanokumiko | 2006-08-27 11:03
<< メ~テレカフェのキッズプレート... ヨット回航と私の荷物。 >>