「ほっ」と。キャンペーン

高野久美子のcakeで元気!A piece of pie !

<   2009年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧


金柑のシロップ煮と大根粕漬。

マンションの大掃除は簡単です。(でもまだ教室が。。。)
お掃除をしながら金柑を煮ています。
以前にもご紹介しましたが、
e0078359_1145991.jpg

金柑は一度ゆでこぼしし、水につけておく。
新しいひたひたの水とその半量の砂糖で2~30分煮る。
簡単ですよ。
この頃の果物は過保護と肥料の与えすぎで味わいがなく、大きなだけの物が多いですが、こちらの金柑は農薬だけでなく、肥料もなしで育った物なので小粒で野性の味がします。
e0078359_1152498.jpg

来月の教室にも登場です。

今朝もうひとつ仕込んだのは大根の粕漬。
生徒さんのなえちゃんから大根のビール漬を頂き、これをさらに粕漬にすると美味しいと伺い、大和屋さんの粕に漬けました。
かる~い粕漬が出来るはずです ♪
なえちゃん家のビール漬がない場合は(なえちゃんありがとう。)大根を塩漬し、それを粕にがよいと思います。最初から粕だと以前あんまり漬かりませんでした。
高校の時に同級生からお誕生日に貰う程大和屋さんの奈良漬LOVEでした。
奈良漬あれば五合はお茶漬けできました。(おいおい。)

年末鍋パーティーの箸休めによさそうな二品ができました。
[PR]

by takanokumiko | 2009-12-27 12:01

クリスマス、カフェでは。

24,25日の二日間、カフェではランチにこんなおまけケーキお出ししていました。
e0078359_8573678.jpg

クリスマスというよりは今日で年内の営業終了のため、
1年間ありがとうございましたという感謝の気持ちをこめて。
ちょっとニヒルなお客様もこのお皿をお出しすると思わずにこっとして下さいました。
ケーキっていいなって思える瞬間。
本年もメ~テレカフェにいらして下さりありがとうございました。
来年も体に優しいランチをご用意してスタッフ一同お待ちしております。
カフェは1月4日からの営業ですが、1月2日は八事ハウジングお餅つきです。
私も餡や大根おろした~くさん用意してお餅ついていま~す。
1年の最初を飾る楽しい初仕事です。
ぜひつきたてのお餅食べにいらして下さいね。
師走の慌しさも感じますが、よい週末を。
[PR]

by takanokumiko | 2009-12-26 09:11

よいクリスマスを。アルザスのサンタさん。

e0078359_9135817.jpg

アルザスでクリスマスに食べられているマナラパン。
サンタさん(セントニコラ)を模しているそうです。
サンタさんというより単なる 「人」 ですが、ブリオッシュ生地で美味しかったですよ。
e0078359_9191910.jpg

私たちのサンタさんはこんなイメージ。
私は今日もフルーツケーキ配りのサンタ子さんです。赤いコート着ようかな。
Merry Christmas ♪♪♪
Feliz Navidad ♪♪♪
(追記、先程車で聞いたスペインのクリスマスソングが素敵だったのでpilarさんとさーちゃんに綴り教えてもらったの。)
[PR]

by takanokumiko | 2009-12-25 09:20

よいクリスマスを。 レバーパテの作り方。

e0078359_10191723.jpg

今年用意したツリーと、同じツリーが描かれたカードを頂き感激。
先程ロックフェラーセンターのツリーがテレビで中継で映っていました。美しかったです。(うっとり。)

さて、持ち寄りパーティーとプチクリスマスプレゼント用にレバーパテをたくさん作りました。
e0078359_1025353.jpg

この4年自分には作れないお肉の煮込みとかレバーとか、、、友人たちのためには用意できて嬉しいです。
私が長年作っている作り方ですが簡単なのでぜひ試してみて下さい。
鳥レバー    1kg
玉ねぎ中2個
にんにく3かけ
バターか生クリーム   100g
香草、ウイスキー

鳥レバーは専門店で新鮮な物を買ってきます。
1kgでちっちゃなココット10個ぐらいできます。
レバーは水を替えながらよくよく洗い、血合い、脂肪を取り除き、半分ぐらいに切る。
氷を入れた塩水を作りレバーを入れ、冷蔵庫でひと晩おく。
(短時間でもよいです。)
玉ねぎ中2個、にんにく3かけをみじん切りして炒めます。
そこに水気をふいたレバーを入れ炒め、
あればローリエ、ローズマリーを加え、コニャックかウイスキーをふりかけ5分程蒸し煮。
(みなちゃま、ラフロイグの香りしますか~)
香草を除き、プロセッサーでペースト状にし、冷たい発酵バターか生クリーム100g程を加える。
味を見て塩を加えます。
ココットに詰め、冷蔵庫で冷やします。

ロンドンで買ったチーズ用の無花果ジャムがとっても合いました。
ちょっとした香りの組み合わせって楽しいです。
来月のチョコレートスフレには薔薇の花びらのジャムを潜ませて。
(潜ませるんだから内緒にすればよかった。。。)

よいクリスマスをお過ごし下さい。
ロンドンはホワイトクリスマスのようです。
[PR]

by takanokumiko | 2009-12-23 10:46

Ricoさんのオーガニックジンジャーケーキ。

Ricoさんからあたたかなメッセージと共にオーガニックジンジャーケーキが届きました。
この仕事をしていると大事な時には自分の作ったものではないケーキが食べたいと思ったりします。
でもそこはケーキ屋さんですから、大事な時には大事に作られたケーキでなければ嫌ですよ。
e0078359_19122111.jpg

今年はワルシャワのBlikkleさんでもジンジャーケーキ買ってきましたっけ。嬉しいな。
e0078359_19125091.jpg

教室の生徒さんにも召し上がっていただきました~、フルーツケーキと共に。
きっとものすごい量の生姜が入っているのですね。食べた後ぷわ~んってお口があたたかくなりま~す。
バターを使っていないという事で乳製品の香りが邪魔をせず生姜の香りがよりしっかりと伝わってきます。
余計な物が体の中に入ってきてないっていう安心感しっかり感じられます。
あったか~い。
私の大好きなラフロイグにもぴったしよ。
あ~~美味しい。
[PR]

by takanokumiko | 2009-12-21 22:05

今日もたくさん焼きました。

年内の教室ももうすぐ終了。
今日も午前午後とフルーツケーキたくさん焼きました。
生徒さんに顔が真っ赤になる程ある努力をして頂き、ものすごくふっくらとダークに焼けました。
e0078359_20112285.jpg

e0078359_23554133.jpg

e0078359_23562644.jpg

(写っている作業台テーブルの会社にお送りするための写真で、皆さんのケーキ全部写っていなくてごめんなさい。)
出来上がった重くて軽い1.3キロもあるこのフルーツケーキ、少しずつ少しずつクリスマスやお正月に、そして春ぐらいまでは召し上がって頂ける様に作っています。
1年の終わりに大人でしか分からない贅沢なケーキをお教えでき、そしてその事を本当に共感して下さる生徒さんと時間をご一緒でき、心あたたかな師走の毎日を過ごしております。
今朝は雪。
雪の朝って静かでよく眠れませんか。桃もぐっっすり寝坊でした。
[PR]

by takanokumiko | 2009-12-19 23:09

もうすぐクリスマス。でもこれも大事。

e0078359_21285434.jpg

もうすぐクリスマス。
この2~3日でぐっと寒くなり、空がすんいて綺麗。イルミネーションが美しくより輝いてみえます。
東京フォーラムで開かれているストラスブールクリスマスマーケットをのぞくのが今年の楽しみです ♪♪♪
クリスマスも大事ですが、これも大事。
e0078359_2132948.jpg

年賀状の用意をしなくちゃいけませんが、まずはこちらのはんこを押す事から。
150枚ぺたぺた押していたら宛名書きまでには到達せず、、、また明日。
[PR]

by takanokumiko | 2009-12-18 21:41

パフパフココット。

ニューヨークなんかに行くとシュークリームをクリームパフって書いてあって可愛いです。
わが教室ではシュークリームの事、クリームパフって呼ぼうかな、なんて思ったりしますが、まずはこちらに名付けてみました。
メレンゲとマヨネーズ、クネルのココットなのですが 「パフパフココット」。
e0078359_16465394.jpg

こちらはちょっと大盛です。
フルーツケーキの生地作りで余った卵白を使い、クリスマス年末年始のお集まりにどうかしら?とご提案してみました。
お客様が多い時にオーブン料理って手がかからず、一度にたくさん仕上がるので便利、そしてこういう膨れているものって感動してもらえます。
来月はハートのココットでヴァレンタインチョコレートスフレお教えしますね。
もう来年のお話しても鬼は笑いません。
[PR]

by takanokumiko | 2009-12-17 16:57

これであったか、ぽっかぽか。

e0078359_163443.jpg

以前にゆべしを買わせて頂いた石川県中浦屋さんから柚子湯セットのプレゼントが届きました。
思いがけず嬉しっ。
柚子の実や種はさらしの袋に入れて柚子とあひるちゃんたちと浮かせます。
元々風呂好き、長風呂の私ですが、これでよりゆっくり、ぽっかぽかです。
きのこや鮭いっぱいの粕汁のお夕飯に柚子湯なんて冬の贅沢ですね。
おやつはゆべし。
まだまだ冬至ではありませんが、今週は寒くなるようです。
皆様もあたたかくしてお過ごし下さい。
[PR]

by takanokumiko | 2009-12-15 10:05

20年ちかく忘れてました。

e0078359_18411916.jpg

今月の教室、ダークフルーツケーキのお供はセイロンの紅茶でたっぷりのミルクティー、こちらの器でお出ししています。
パリのカフェやビストロで使われているアピルコという業務用食器なのですが、20年ちかく前、レアールで買おうと思いながらも時間がなくなり、その後ついついと20年ちかく忘れていました。
今月のミルクティーは分厚くてしっかりとした大きな器で飲んで頂きたかったのでインターネットで探し、やっとというかとうとう私の元へやってきてくれました。
嬉し。
寒い寒い底冷えのするような夕暮れ時にこれでショコラショー飲みましたっけ。
昔のカフェやホテルの朝食はこれでカフェオレでしたっけ。
今時のパリは暖かいから、もっと薄くて洒落た器ででてきちゃいます。
私は10代で、生まれて初めて行った外国であるフランスの影響を強く受けていると思います。

今日も私の焼き菓子の理想である、べたべたせず、ぱさぱさせず、ふっくら、けれど軽くない生地に仕上がりました。(生徒さんたちのケーキがね。)
すぐには食べられず、生徒さんのご家族には申し訳ないと思うのだけれど、でもクリスマス、お正月にこのケーキを皆さんで囲んで下さるんだなあと思うと嬉しいです。
4年前のちょうど今頃寒い寒い日の夕暮れ時に告知という時を過ごしました。
どうやって立ち向かっていこうかという真っ暗闇な時に同じハラキリ(私は病気という意識がなくそういう言葉は使いたくないと思っています。)仲間のカフェリコさんと知り合う事が出来、とてもとても勇気づけられました。
本も買わせて頂き、自宅で療養中私のずっとバイブルでした。
お菓子をこれから作っていけるかどうかと絶望な時に送って頂いたリコさんのフルーツケーキは本当に本当に私の体と心を暖かくしてくれるものでした。
その時からの思いをこめて4年後の今、私が私のフルーツケーキを焼ける事は本当に本当に幸せな事なんです。ありがとうリコさん。来年はお店に伺いたいです。
私は4年前の冬を忘れません。
[PR]

by takanokumiko | 2009-12-12 23:36