「ほっ」と。キャンペーン

高野久美子のcakeで元気!A piece of pie !

<   2009年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧


赤紫蘇大成功。HAPPY、O。

先日やってきた赤紫蘇ちゃん、塩でもんでもんで梅に投入致しました!!!
灰汁が出るわ、出るわ、でこんな物入れたら梅干真っ黒けじゃないか~?と心配しましたが、梅酢と一緒になるとまあぁ~綺麗な色だ事。
e0078359_20181994.jpg

ってこの写真ではわかりにくいので↓ほらほらね↓。
e0078359_20223345.jpg

ちょっと味見をしてみたら思い通りのす~っぱくてよい味。
これからお日様にあたり、秋まで置かれ、と先は分かりませんが、それでも梅干作り4年目にしてだんだんいい味になってきました。
今まで塩の種類や梅の熟し具合を気にしていましたが、市販のもみじそでなくこの赤しそから作る事が大事だったのね~。
す~ごく紫蘇らしい草草とした味がします。
梅雨明けまでじっくりと漬かってね。

今日グラスが届きました。
e0078359_20344214.jpg

今年の冬、パーティーで戴いたリーデルのピンクリボングラスが可愛かったのでいろんな色のHAPPY、Oを教室用に揃えました。
黄色やグリーン、水色、、、といろんな色の底が可愛い。
まずは今週から始まる7月の教室の日頃のおやつ、「マンゴアイスクリーム」を盛ってみようと思います。
玄米甘酒とスリランカ産のオーガニックマンゴ、レモンだけで作る簡単アイスクリームです。
言われなければ卵や生クリームいっぱいかな?って味に仕上がりました。
苺や桃でもよいですが、この季節はやっぱりマンゴがおいしいですね。
[PR]

by takanokumiko | 2009-06-28 20:45

環境の変化。

自宅の引越しをしてから早4ヶ月。
いくらルンルンで引越ししてきたとはいっても、この環境の変化は私の身体に悪い影響はないか?庭のない生活に桃は順応するだろうか?とかは色々考えました。
そしてこの時期もうひとつ心配だったのが梅干の事。
手が変わっただけでカビがはえたり、味も変わると言うではないですか!
梅干どころでなく、私の身体にもやはり変化はおきたのですから。
漠然とした言い方になりますが、内へ内へと矢印が向いていた力が外へ向かおうとしている感じです。
外へと向かおうとしている力がちょっと私を太らせましたが、(お腹の調子が落ち着いてくれたんです。)
「身体がほっとしたんだよ、ず~っといろいろ緊張していたんだから。」との主治医さんの言葉にそうかもなあ、と納得しました。
痛い痛いと叫び、いたくな~い!とはしゃぎ、よく泣き、よく笑う、感情まるだしな私の事などお見通しのようで、「何かいい事あったでしょ。」「それに家が変わるってすごい大きな事なんだよ。」って言われ、これまたそうかもなあ、と頷く私でありました。
という事で腸の手術の後遺症まで治してくれたこの環境の変化、梅干さんたちにとってはどうなのか?と心配で。
塩漬けしてからというもの毎日覗く覗く、この覗きで落下菌がより心配なんじゃないかというぐらい覗いてました、が、この気遣いがよいと聞きまた覗く。
でもね、ほらほらよい感じ。澄んだお水がたくさんあがってきました~。
e0078359_1192633.jpg

e0078359_1193929.jpg

今年は市販のもみ紫蘇でなく、赤紫蘇から塩でもんで用意します。
始めての経験ですが、新聞を開けたら母が梅干漬けていた時の匂いがしました。きっとうまくいくでしょう。
もうひとつ始めての梅ジュース。
e0078359_10541134.jpg

カフェのウッチー店長から習ったのですが、梅を凍らせるという事を忘れたらちっともお水があがってこない。
砂糖も荒めのビート糖というのがよくないのか?
待つしかないのだ。
[PR]

by takanokumiko | 2009-06-25 11:03

いい事思いついた!

ものすごく楽しい事を思いつきました。
どうして今まで思いつかなかったんだろうって不思議なぐらい。
私が何度かハラキリをした年のワインを大~事にしまっておいて、5~6年たって今だ!と思った時みんなで飲むの。
大パーティーを開くつもりではいたけれど、ワインまで考えてなかったわ。
その時用意するのでなく私が大事に抱えてなくっちゃね。
私がその間よい時間を過ごしていれば、ワインもおいしくなってくれているでしょう。
けれどさて、、、日頃お口が上等ではないワタクシ、年を重ねてなどというワインは飲んでいないし、そんなに好きでもない。
それにそうなるべきボルドーとかブルゴーニュとかそういう偉大なワインってまだ中途半端で2006年など見かけない。。。
それにそれにやっぱり自分の大好きなワインがいいわよね~ってこの際考えなきゃ、と考えた。
お日様味たっぷり、でもどこかシンプルなスペイン、トロのワインがいい!とあっという間に決定。(こういう事はすぐに考えすぐ行動。)
やってきました。
e0078359_9494424.gif

ラベルも重要。モノクロとか権威主義な感じは嫌いだわ。
ヌマンシアってローマ軍と長い間戦い続けスペインを勝利に導いた英雄の名前。
フィロキセラと戦う葡萄の歴史と重ね合わせているっていうのもいい話だわ!
おいしいお酒の約束をした主治医の先生も、お世話になった仲良しの看護師さんたちも、もちろん今まわりにいてくれる私の大事な人たちもみんなでみんなでおいしいお酒を戴くの。
その時も稲垣先生にお料理はお願いし、壺中天の上井君にはパテ作ってもらお。ガーデンパーティーでケーキは何をつくろかな。
こういう妄想だ~い好き♪♪♪
[PR]

by takanokumiko | 2009-06-22 17:11

ワッフル嬉しい♪

e0078359_12131844.jpg

今月お教えしているざくざくワッフル、作り方も簡単すぎるし、卵もイーストも牛乳もな~んにも入っていないし、、、豪快すぎるんじゃないか?と少しご紹介するのが不安でした。
バターの香りたか~いベルギーワッフルとかとは全く異質ですし、さすがの我が教室の生徒さんでも、一か八か?私は大好きなんだけれど、私らしい味でもあるし、でも、、、とあけてみなけりゃ分からないって気分でした。
(余談。自宅近くに、食べてみなけりゃ分からない、食べてみてもわかるかな、というパスタ屋さん発見、入店勇気が必要なお店です。)
けれど焼き立てをすぐに立ち食い!して頂く楽しさもあって「こういう味が好きなのよ~」「この粉おいしい!」って皆さんニコニコ顔で頬張って下さっています。
ホッと。ホッと。
晴れの日のお菓子はおいしいに決まっていますが、こういうおやつが喜んで頂けるととても嬉しいです。
今月の教室も半分程終了し、あと半分、このあたりであれって事も起きたりするケーキ作りです。
気を引き締めて晴れの日ケーキも毎日おやつも作ります。
とても信頼できる野菜を扱っていらっしゃる団体の会員の皆さんと、安心できる材料選び、食育のお話などを交えながらの「お菓子とお茶の会」を開く事となりました。
またご報告しますね。
[PR]

by takanokumiko | 2009-06-19 16:34

今年も梅が。

今年も梅が届きました。昨年は熟させ過ぎてしまい、少し酸味のない梅干になってしまったので、今年はおいしい沖縄の塩を使ってすぐに漬けました。
うまく漬かりますように。
梅ジュースも作ります。
e0078359_22441943.jpg

e0078359_23161276.jpg

2008年作の梅干ちゃん↑、習っていなくても母と同じ味に漬けられるのはちょっと自慢です。
[PR]

by takanokumiko | 2009-06-18 22:44

日本橋たいめいけん。

          東京では日本橋たいめいけんでオムライスいただきました。
e0078359_16285725.jpg

友人から、近くに働いている人たちでいっぱいでいい雰囲気だよ~って話を聞いていたら行きたくなりました。
レバーフライやらメンチカツやら、、、普段口にしていない物いっぱい食べるんだから!と朝食抜きで乗り込んだワタクシ。(嘘。コーヒーに木村屋の餡パン↓ちょびっとつまみました。)
e0078359_16212587.jpg

助言通り11時過ぎにたいめいけんに到着、大行列はなくとももう満席にちかいです。
朝ご飯もそこそこの我々はレバーフライにメンチカツにスパゲッティにオムライスにとめいいっぱい注文したのですが、メニューを頼んだ人はコールスロー50円!ボルシチ50円!が頼めるようで皆さん食べてます食べてます。
e0078359_16291186.jpg

東京であればコーヒーの値段ぐらいで料理が食べられ、プラス100円でおいしいサラダとスープが食べられるなんて、愛されて当然ですね。
そんな事を話しながら食べているとテレビ局の取材が始まりました。
こんな満席なランチ真っ最中のお店にどうして今取材が来るんだ!と憤慨している私に、テレビ局勤務の友人はお客様いっぱいでい~い雰囲気映したいのよ、と。
そういえばこれだけのお客様をさばいている料理人さんたちも、ホールさんも、誰も慌ててない。テーブルとテーブルの間を料理いっぱい持ってすれ違ってもお顔は朗らか、動きもスムーズ、みんな味のある俳優さんみたい。
どんどんお客様の料理を作りながら顔の黒いご主人はオムライスの取材も受けてます。
私ならもういや~な冷や汗足元たれてます。
私と比べるのが間違いですが、余裕というか、何しろ貫禄を感じました。
みんなに愛される仕事をずっと続けているって凄い事だなあ~って、食べているサラリーマンさんたちのニコニコ顔を見てつくづく思いました。
すぐに影響を受ける私はカフェで働き、余裕を演じ、、、てみました。
e0078359_16513549.jpg

         私が旅行中保育園で笑顔全開の桃です、と、ももママさんにアピール。
[PR]

by takanokumiko | 2009-06-17 16:58

ウィンナーワッフル

週末小田原、鎌倉、東京に行ってきました。
いちばんの目的は七里ガ浜の「bills」という海の前の開放的なレストランを訪れる事。 
あじさいの時期って紅葉の京都と同じぐらいすごい人なんですね。
以前通っていたゴールデンウィークや真夏の頃よりびっくりな人!人!人!でした。
という事で江ノ電に乗り込む事さえ出来ず、「bills」には行けず、紫陽花のお寺では紫陽花を見る、というよりは紫陽花の写真を撮る人たちや、あじさい饅頭やあじさいソフトをずっと眺めていた鎌倉でした。
けれど旅というのはそんな事も楽しいもの。
小田原のホテルではボウリングにみんなで必死になり、私もストレッチパンツの股間を破く程気合が入り!おかげさまで2ゲームストライク大連続の圧勝連勝。
何度も何度も温泉に入り、露天風呂ではみんなで大騒ぎ、、、。
それに鎌倉では素敵な再会があったのです。
e0078359_9331618.jpg

鳩サブレで有名な豊島さんの「ウィンナーワッフル」です。
こちらの社長さんがスイスに修行に行かれていたという事で、本店にだけこのようなスイスウィーンのお菓子が少し置いてあります。
以前鳩サブレとそっくりな鳩三郎ストラップが欲しいなあとこのブログ内で呟いていたら、鎌倉育ちの先輩がこのお菓子と共に送ってきて下さいました。
それがたまたま手術何日か前の明日から絶食という日。
これが私の「最期の晩餐」なんだと大事に大事に口に運んだ事を思い出します。
今もコーヒーと一緒に戴きながらこの文を書いていますが、懐かしい懐かしい優しい味です。
久しぶりの鎌倉は毎年行っていた頃とは少し様変わりもしたように感じましたが、「ウィンナーワッフル」は変わらない味わいでした。
[PR]

by takanokumiko | 2009-06-16 16:53

今月のデザートとサンタマリアノヴェッラ。

       今月の教室、メインは「ワイルドブルーベリーとハスカップのデザート」
e0078359_1930577.jpg

卵黄とマスカルポーネ、ヴァニラが濃厚なアイスクリームのようなムースの上にブルーベリーハスカップのジュレを流しているのですが、主役はあくまでもワイルドちゃんたちです。
普通のブルーベリーとは比べものにならない程濃厚なワイルドちゃんとこれまた野生のハスカップを合わせてジャム状にし、すこ~しのゼラチンでとろりとさせました。
今しか手に入らないものですが、飾りではない本当の果物の風味を味わって頂きたくて考えました。
こちらに合わせる紅茶はフィレンツェからのお土産、サンタマリアノヴェッラの薔薇の紅茶。
TEA PALACEの物よりは少し落ち着いた雰囲気が今月のデザートにはぴったしです。
サンタマリアノヴェッラといえば最近はまっているのがこちらのリキュール。
e0078359_19355799.jpg

メディーチェオというフェンネルやカルダモン、バーベナが漬け込まれた薬用酒です。
お水にぽたっと落として飲んだり、意外においしいのがヨーグルトに美生柑を煮た時のシロップとこちらをたらして戴くという物。
e0078359_19452232.jpg

口の中がヨーロッパのトイレみたいな香りでいっぱいになります。
(なんて表現!でも幸せ♪)
(柑橘類と組み合わせるとより香りがたつようです。)
他には以前頂いた時にはびっくりしましたが、虫から抽出された色素で紅色のアルケルメス。
ものすごく可愛い色とボトルのローズ。(写真の包んである物がそうですが、プレゼント用なのでお見せできなくて残念。)
などがありますがハラキリ女のワタクシは胃腸によいという言葉に弱い。
メディチ家に敬意を表し、名付けられたメデーチェオは胃腸、強壮、冷え性に効果的という事です。
ぽたっだけで身体がぽかぽかになります。
[PR]

by takanokumiko | 2009-06-11 19:50

日頃のおやつ、ざくざくワッフル。

今月の教室のお菓子はマスカルポーネをきかしたアイスクリームのような感触のこってりムースに野生のブルーベリー、ハスカップのソースジュレを流したデザート、と。
日頃のおやつは卵やバターを使わない雑穀ざくざくワッフルです。
e0078359_10272924.jpg

いつもお話している事ですが、私は普段やみくもにというか、癖になっているように、という感じでは甘い物を摂りません。
術後食事に気を使っているという事もありますが、最近小さな頃母が言っていた言葉が身体にしみついているのではないかとも思います。
「ご馳走やお店の砂糖いっぱいなお菓子は本当に嬉しい事、お祝い事があった時食べようね。そういう時口にするとよりおいしいよ。」とよく言っていました。
その割には来客も多く、お鮨やステーキ、外食が大好きな家でしたが、だからこそ戒めの意味でそんな事言っていたのかもしれません。
我が家と黒豆や煮物の味も一緒、何だか受けた躾もよく似ていて、そんな友人のお母様が週末に亡くなられ、でもそのお母さんの素敵な魅力や教えは友人に全部引き継がれているとお別れの場で感じました。
私の母が私に伝えたかった事は何だったかなと最近よく思います。

さて、晴れの日のケーキはマスカルポーネも入っちゃって、ハスカップもブルーベリーも北海道からやってきちゃって、とお正月とお盆が重なっちゃったような騒ぎでケーキ作る事になりますが、晴れの日ですもん。
その代わり日頃のおやつはシンプルに。
おいしい粉を見つけたのでその粉とメープルシロップ、山芋、水だけで作ったワッフルです。
この粉もドイツからやってきた物ですが、さすがオーガニックに対して厳しいお国柄の粉、検査証明書だけでなく、舌で安心とおいしさがしっかりと味わえます。
e0078359_10324874.jpg

カフェでは最近この粉でもまあるいパン焼いています。
チーズとピクルスを挟んで食べると美味しい♪♪♪
わらべ村さんや楽天ショップでも買えますが、オーガニックキッチンさんが輸入しています。
http://www.organic-kitchen.co.cc/index.html
[PR]

by takanokumiko | 2009-06-10 10:46

ロンドンの薔薇

e0078359_21111177.jpg

ロンドンで今は暮らす生徒さんからこんなに素敵な薔薇のお便りを頂きました。
自宅に近い公園の風景だそうですが、これを見ていると薔薇ってやはりイギリスに咲いてこそだなあと思います。
彼女とはこの秋はリッチモンドに行こう、ワルシャワに行こう、いえいえやはりパリ?な~んて楽しい暢気な文通を交わしておりますが、
こうやって元気に何の不安もなく旅行の計画をたてられるという事はとっても幸せな事。
(といっても転移が分かった時もソレッとイタリアに飛んでいっちゃったっけ。)
どうかみんながみんなが健やかでいられますように。
[PR]

by takanokumiko | 2009-06-07 21:24