高野久美子のcakeで元気!A piece of pie !

<   2009年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧


細谷亮太さん。

昨日は聖路加病院の小児科医師である細谷亮太先生の講演会に行ってきました。
何冊か本も読ませて頂いていましたが、本で受けていた通りの、いえいえそれ以上に温かいお人柄が感じられるお話の内容であっという間の二時間でした。
大学病院など大きな病院に通っている患者さんというのは、生死に関わる病気の方が多く、小児科ももちろん例外ではなく、どんなにスタッフが全力を尽くしても天に召されてしまう子供たちが多いとてもつらい場所であると思います。
私は自分の病気が分かった時、転移が分かった時、落ち込みはしたものの、自分の生き方、生活のしかた、考え方がどこかゆがんでいたんだ、間違っていたんだと考えました。
体の中の悪くなった塊はふってわいた不幸災難などでなく、作った張本人は自分だと。
だから何かを変えていけばこれからは元気で過ごせると思えました。
けれど小児がんに罹った子供たちに反省しなければいけない理由なんて何があるでしょう。
彼らは飲み過ぎていた訳でも暴飲暴食していた訳でもありません。
血液のがんに罹る確率など大人に比べ、とても稀であるというのに、
その子たちは訳も分からず手術を受けたり、つらい治療を受けたりしなければならず、それでもいい結果で終わるとは限りません。
けれど細谷先生のお話はそんな場所で生きていらしてもいつも希望を持って立ち向かっていらっしゃる明るさに満ち満ちていて、
小児科病棟には蒟蒻芋がいっぱいの畑やポジティブトレーニングを受けたわんちゃん(この世には絶対自分に悪い事をする人はいないって育てられたわんこなんですって、でも気を使いすぎていてすぐに寝ちゃうんですって。)がいたり、
(わんこのいる病院っていいなあ。)
(話はそれますが、フジコへミングさんは自分の猫と同室で過ごせる病院をチェコに見つけているんですって。)
ご一緒された事のある皇后様や故郷の山形の楽しいお話も交え、いつも子供さんを相手に話されていらっしゃるからでしょう、とても優しく分かりやすく語られる話し方にも感動しました。
育児をした事もなく、教室にいらして下さっているのは大変分別のある大人の方たち、という環境の私は竹を割ったといえばいい言い方で、合理性を求めすぎたような話し方(生き方も)、
会場の南山学園講堂の雰囲気と主催者の方たちの優しさに接し、反省しきりで会場を後にした私でした。
もし機会があればぜひ先生の本読んでみて下さい。
つらいだけでなく、巡礼や川柳の話も交えた温かいお話です。
e0078359_10483470.jpg

[PR]

by takanokumiko | 2009-05-31 10:50

私のレッドヴァイオリン♪♪♪

先月、キーシンさんのピアノ、cobaさんのアコーディオン、友人のピアノコンサート、と立て続けにアドレナリンボコボコの毎日を送っていた頃の事、いつも信頼して診て頂いている整体の先生に言われました。
「今日は高野さん、わくわくとしたすごくいい背骨してますね~。」
「?」
続けて
「最近ヴァイオリン弾いてるんですか~?」って。
「???????」 

ヴァイオリンは弾いていませんが、いい音楽が体に満ち満ちているのは確かです。
体ってすごい。
弾いてはいませんが受けた感動が表れてる。
いい事も悪い事も健気に受け止めてくれているのね。
な~んて事を思いながら施術を受けていると、
「音楽は聴いてももちろん感動するけれど、自分で弾いたらもっと熱い想いが湧き出ますよ。」と先生追い打ちをかけて仰います。
e0078359_20424139.jpg

へそ曲がりな割にはこういう事には素直なワタクシ!
そんなに体が気持ちよいならば弾いてあげよ~うじゃありませんか!
自宅に戻りまずはヴァイオリンをチェック。
長年ほったらかしのため、どうみてもメンテナンスが必要そう、、、。
ごめんなさい、ヴァイオリンも体も、大事に、大事に。
33歳のヴァイオリン子さんは優しいお医者さんの元で治療開始となりました。
(友人とこの30年どんなでした?なんて会話をしたところですが、この子ももう33歳、でもまだ33歳かも。以前レッドヴァイオリンという映画に感動しました。)

ここまですれば私もヴァイオリンに立ち向かう事でしょう。お~!!!
[PR]

by takanokumiko | 2009-05-28 21:03

ナツメグな私。鬘の私。

私の焼き菓子やクッキーにはよくナツメグが登場します。
パウダーではなく、こういう↓ホール↓をかりかりと挽いて使います。
そのせいか生徒さんの皆様、ホールのナツメグを見ると私を思い出して下さるよう?!
ナツメグプレゼントを頂戴する事が多いです。
e0078359_17551134.jpg

7月に浜松でお茶のお店を開かれる博子さん、先月はひと月家具職人のだんな様とフェレンツェに。
その旅のお土産にとちいちゃなおろし器も入っているナツメグの小袋を頂きました。
おろし器も入っているなんて、な~んて可愛いのでしょう!
少し前にも他の生徒さんからプジョーのナツメグミルを頂き、ナツメグいっぱい使わなくっちゃって気分です。
今一緒に頂いたBAPATTIの大きいチョコレートをほおばりながら
ナツメグレシピを考えています。
今日は午前は博子さんたちのクラス。
午後は塾など多角経営のひとつとして大きなオーガニックカフェを秋に開かれる社長さんの個人クラス。
もちろん実際にお店でお菓子を作られるのはスタッフのパティシェさんたちですが、方向性や知識を得られるためにと通って下さっています。
「こちらのケーキはサラダを食べ終わった時のような体の清々しさを感じる。」という感想は今いちばん私にとって嬉しい言葉です。
お店のオープンを控えた方たちの教室は、普段以上に身の引き締まる思いで、お菓子に、食に、取り組んでいます。
以前にもお話しましたが、浜松に、安曇野に、下呂に東郷にと、生徒さんたちのお店に伺えるのは大きな大きな楽しみです
e0078359_1821438.jpg
 来たる梅雨対策のためくせ毛なワタクシ、鬘かぶってみました。普段と変わらないでしょ。
[PR]

by takanokumiko | 2009-05-27 17:56

ポロネーズとボロネーゼ。

ちょっと前の話になりますが、伏見にあったポーランド料理店「ポロネーズ」が閉店しちゃっていました。
日本唯一のポーランド料理店という事もあり、前回のショパンコンクール優勝者のプレハッチさんもわざわざ来店された(と友人から聞きました。) というお店だったのに残念です。
オープンの頃、目新しさとああいうそっけない料理は好きなので時々足を運んでいたのですが、その頃のシェフは半田でお店を出されているそうです。
先日 ちょっとおすましした方のブログを読んでいたら、ショパンのボロネーゼを聴いて感動しました、と書いてあり、、、きっとこの時お腹空かれていたんだわと笑っちゃいました。可愛い♪
とこんな事からポロネーズからボロネーゼへと話は変わり、
よくヴェジタリアンボロネーゼを作ります。
元々塊のお肉ならば1キロでもぺロリの肉食獣高野は(昔話。)挽肉というものにはとんと興味がなく、ミートソースにもラザニアにもハンバーグに対しても今も恋しいという気持ちはありません。
けれどグルテンバーガーをおいしく食べたいと思った時コレを作り始めました。
e0078359_20525838.jpg

お知らせするほどの物ではありませんが、作り方はね、
玉ねぎ、大蒜のみじん切りをオリーブオイルで炒め、そこにグルテンバーガー(細かいタイプ)としめじのみじん切り(大量)を加えてさらに炒めます。
トマトピューレとヴェジタブルブイヨン(粉)、少~しの白味噌を加えてコトコト煮、塩コショウで味を調えたら出来上がり。
あっさりでお鍋もべとべとしませんよ。

                オマケ。チーズに狂喜な我が家の桃。
e0078359_2103023.jpg

e0078359_2104057.jpg

        イギリス生まれの桃の必死な伏せはこのチーズのためであります。
e0078359_2125369.jpg

      エルダーワインチーズ。エルダーベリーの甘酸っぱい味のするチーズです。
元肉食獣のワタクシはお肉と牛乳を控えたところ、昔よりチーズを恋しく思うようになりました。
[PR]

by takanokumiko | 2009-05-23 22:36

教室へ。

昨日のコレを持って行ってきま~す。
e0078359_9204888.jpg

今日もたくさんのレモンケーキを焼いてきます。
からっとしていて、暑くなりそうで、風も吹き、レモンのお菓子にぴったしな朝ではありませんか~。

おまけな話ですが、サッシカイアのオリーブオイル買ってみました。どんな味かな。。。
e0078359_9251989.jpg

[PR]

by takanokumiko | 2009-05-20 09:27

完全オフの休日。

              ただ今何回目かの美生柑ピールを煮ています。
e0078359_2136060.jpg

白いわたわた取りにやはり時間をとられましたが、慌てず騒がずお茶の子サイサイ。
だって今日は1日お休みだったんですもん。
今日はゴールデンウィークに営業が続いたメ~テレカフェの臨時休業の日。
なのでちゃっかり私も教室や他の仕事を完全オフにし、しっかりとお休みさせてもらいました。
朝早く起き、まずはリンパ球点滴を受けに病院へ。
私の血液から培養されたリンパ球ちゃんがポトポトと体内へ入っていきます。
へそ曲がりな割には暗示にかかりやすいたちなのでワタクシ!点滴が入った途端、免疫力バリバリ女に変身ですわよ!
(肝臓の手術の頃から二週間に一度こちらと樹状細胞療法を受けていましたが、二年間せっせと通い続け、今は二ヶ月に一度と私が決めました~。)

点滴をすませお腹をすかしてお昼は料理教室へ。
e0078359_21341570.jpg

今日も野菜いっぱいで体がホッとするようなおいしい料理たくさん戴きましたが、デザートの青豆ムースにかけてあった黒蜜がおいしくて帰宅してすぐに作りました。
寒天の上に白いんげんの甘煮をのせて黒蜜をかけて食べる事とします。
e0078359_214081.jpg

e0078359_2232093.jpg

完全オフ、リンパ球補充と先生の料理で幸せ~なワタクシはのりのりで黒蜜と寒天を作り、白いんげんを煮、大根とがんもどきを炊き、ピールにもとりかかったというわけです。
カフェ臨時休業にあたり、働き者の我がスタッフちゃんたちはお休みいらないと言ってくれたのですが、やっぱり休日は必要。
久しぶりのお店の連休、よい時間を過ごしてくれているといいなと思います。
e0078359_22414097.jpg

           と、こんな事をお話していたらピールももうすぐ出来上がり。
[PR]

by takanokumiko | 2009-05-19 21:59

真っ赤な気持ち。

先月時々のぞくショップで真っ赤なスーツを買いました。
胸にどっか~んと大きなリボンがついていて、それでいて甘くなく、艶のある生地であってもジャケットは下にジーンズを履いてもよく、我ながらグッドな買い物だったと思っているのですが。。。
その時もうひとつ試着した赤いワンピースが素敵だったんです。
雑誌で着ていた森泉ちゃんよりよく似合う。(嘘嘘。)
私のためのオートクチュール?と思えるぐらいマイ体形にぴったしで、けれどパーティーに着て行くぐらいではもったいない。
これは何か考えちゃおう、と、ただ今このワンピースを着るための小さな夢を持ちました。
もちろんこのワンピースだけがきっかけでなく、ずっと思っていた事ではありますが。
恥ずかしいので今は内緒ですが、真っ赤なあの色に負けないぐらい元気でわくわくとした事になればと思っています。
以前にもお話しましたが、赤い物を見るとわくわくします。
30歳まで住んでいた部屋は壁から天井から真っ赤っ赤。
入院していた病室もいつもいつも真っ赤っ赤。
始めて入られる医師の方は必ずウワッと言いました。。。
今も赤い物を着ていたり、囲まれているとホッとします。
今日も夜は赤い上下でお出かけです。
昨日も赤いサンダル買いました~。
胃腸の不調から気分がブルーがちでしたが、気持ちもレッドになってきてくれたようです。復活
e0078359_9332271.jpg

[PR]

by takanokumiko | 2009-05-17 09:41

今日の教室のお菓子、レモンケーキ。

先程今日の教室が終わりました。
今日の生徒さんの皆さんは、20年以上!1回もお休みされる事なく!私の入院の時以外はずっとずっと教室に通って下さっているんです~。
皆さんとは約ですが、300種類以上のお菓子を一緒に作った計算となりますし、
皆さんの小学生だったお子さんたちも、もう今は30代で、ご結婚もされ、、、年月って本当に早い。。。
25才のまあぁ~~幼く未熟な私を大きな心で許して下さり、お付き合いし続けて下さった事に本当に感謝感謝の20余年です。
意識の高いこのクラスの皆さんのお顔を浮かべながらだったからこそ、ずっと毎月新作レシピを考えてこれたのだと思っています。

今日も酸っぱいレモンの焼き菓子とコーンフレーククッキーたくさん作りました。
e0078359_16514096.jpg

e0078359_16515944.jpg

e0078359_16532846.jpg

     (このクッキー↑は教室でなく、今日たまたまカフェから送られてきた写真です~)
レモンの皮をすりおろしたり、延々と何個も絞ったりとレモ~ンだらけの教室でしたが、お疲れ様でした。
今度は料理教室でご一緒ですが、その次はすっぽん料理連れていってくださ~い。
[PR]

by takanokumiko | 2009-05-15 17:06

マーガレットな気分♪

ちっとも写真を撮れていませんが、今月の教室のお菓子は酸っぱい酸っぱいレモンの焼き菓子。
毎年この時期レモンのお菓子は作っていますが、その年によって微妙に求めるものは違い、小さなタルトシトロンだったり、イタリアのレモンのお酒リモンチェッロをきかせたライムとホワイトチョコレートの焼き菓子だったり、、、。
今年は本当にレモンレモ~ンなレモンの焼き菓子。
広島から届く無農薬のレモンを使っています。
e0078359_19572077.jpg

日本のレモンはゆずっぽい香りの物も多いのですが、これはしっかりとレモン
美生柑のピールをきらきらとのせ、レモングレイズをかけ、お~~酸っぱい酸っぱい。
無事焼きあがったケーキは透明なアクリルケースに入れてお持ち帰り。
e0078359_20115549.jpg

マーサスチュアートさんの可愛いマーガレットシールを見つけたのでペタペタッとしてあります。
一切れ二切れなんて残っている時は、小さなこのケースに入れてレモン色のリボンを結びます。
明日は獣医さんにお持ちしようかな。

この時期友人との集まりに持っていったり、プレゼントにと選ぶのもこんなシャンパン。
e0078359_2013377.jpg

                    気分はマーガレット
[PR]

by takanokumiko | 2009-05-14 20:13

外でもホラホラ。少食自慢。

                 教室がすんだ後の今日のランチ。
e0078359_2039815.jpg

外食でも今日はスープ。こんなに可愛いお昼を食べました。
以前にも書きましたが、大食い選手権からお誘いがかかる程の大食いで有名だったワタクシ!
それがこんなに可愛い食事をとっているのですから自慢したくてしょうがないですのよ。
(今日は特別ですけれど、、、)
    でもこの後においしいコレ↓ 食べました。一枚ぺろっととは食べてませんよ!
e0078359_20463629.jpg

スペイン人シェフ、マリアーノさんが作って下さった大きいオムレツ。
こちらの会で、すってきな出会いがあり、ご縁を感じ、少し切なく優しい時間を頂きました。
オリーブさんありがとうございました。お疲れがでませんように。

今回の胃腸疲れが1年胃カメラ検査受けていない事を思い出させてくれました。
胃カメラはココと決めている病院に朝予約を入れました。
昨日は矢場公園でピンクリボンフェスタが開かれました。
皆さんも早め早めの検査を受けられて下さいね。
[PR]

by takanokumiko | 2009-05-11 20:57