高野久美子のcakeで元気!A piece of pie !

<   2009年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


縫ったカーテン。

先週引越のためにと取った二日間のお休みの内、半日をかけて縫ったなが~いカーテン。
e0078359_20132388.jpg

10年以上前にモンマルトルの生地屋さん街で買い求めてあったコットンの白いレース生地で作りました。
あの通りに行くと気が狂うというか、心臓があぶるというか、あまりの生地の量と素晴らしさに心が躍り、カーテン生地やら、テーブルクロス用やらにとあれもこれもと抱えて帰ってくるのですが、、、
e0078359_20385394.jpg

結局構想は夢のままにどこかにしまわれ、
10年なんてあっという間にたってしまっているのです。
けれども!今回、白い別の生地は椅子の張り替えに使って貰え、黄ばずにいてくれたレース生地もカーテンとなり、先日届いた真っ赤な麻のカーテンと共に陽の目をみる事となりました~。
自慢げなタイトルの割に話は小さく、、、赤いカーテンは私作でなく麻布のナショナルマーケットと銀座和光さんで選びました。
床に20cmたらした赤いカーテンとバランスをとり、長さを決め、家庭科通知表1をとった事もあるワタクシメが必死に縫い縫いし、まあ完成しましたが、完全に老眼がすすみ眼科に通う事となりました。
人間向き不向きというものがある事改めて痛感。
でも赤と白で嬉しい。
初夏にはほんの少しだけお花の刺繍の入ったラベンダー色か若草色のカーテンにしよう♪

明日からはもう3月、お雛様ですね。
カフェでは三日、ちらし鮨や菜の花のおしたし、鯛の煮魚、お吸い物、ひなあられ、甘酒のスペシャルランチをご用意し皆様のお越しをお待ちしております。
e0078359_20373127.jpg

今朝の菜の花は豆乳とメイプルシロップ、マスタードで作ったマヨネーズを添えて。
[PR]

by takanokumiko | 2009-02-28 21:01

二年たちました!

肝臓の手術から今日で丸二年です。
そう。手術の朝桃と姉の家族が病室からみえる駐車場から私にエールを送ってくれた日から二年たちました。、
二年前の今頃、、、少し意識が朦朧しとているのかここは手術室なんだろうか、どこなんだろうか、なんて思いながら家族や主治医さんにに見守られながらひと晩過ごしました。
とっても暖かく一生忘れられない一日でした。
何が大事か、誰が私を守ってくれているのかが意識のない中わかるひと晩でした。
今でもあの時を思うと体中が暖かくなります。
今日は実母の誕生日でもあり、感謝の意味をこめ桃の花をお墓に飾りました。
そして今まで夜は兄と母のお誕生日会をしました。私の健康な二年間もお祝いしてもらいました。
とってもありがたい一日です♪
明日も病院ですがあたたかい主治医さんとおしゃべりです♪
e0078359_22313871.jpg

[PR]

by takanokumiko | 2009-02-26 22:34

新居にて。

新居の方もどうにか落ち着き、NTTの工事も終え、昨日パソコンの接続をしました。引越を機会にデスクトップからノートパソコンに変えるため、データの移動もさせましたが、思いのほか作業は早く終わりました。
そういえば私はレシピや教室の書類ぐらいしかデータがなく、かるいかるい~中身すっきりだったようです。
持ち物少ないと簡単です。
今回、以前の自宅よりはコンパクトな住まいにしようとこの部屋を選びましたので荷物も随分と少なくやってきました。
そんな事もあって片付けも順調に終了、引越しから1週間、こちらでの生活に落ち着くのに時間はかかりませんでした。
パソコンも住まいも同じ、
あんまり物を増やさず、生活も考え方もシンプルにこざっぱりと暮らしたいなあと思います。
久しぶりの引越を終えた今の一番の感想です。
姉が生まれた時、祖母が揃えてくれたお雛様も飾れ、夜空を眺めながらぼんやりしています。
お気に入りのキリムの上でただ今桃もぐっすりです。
e0078359_2040312.jpg

[PR]

by takanokumiko | 2009-02-24 20:43

ストロベリーパ~イのデコメール。

今月の教室のお菓子、春のスペシャルストロベリーパ~イの写真を生徒さんがデコメールで下さいました。指で字が書けるんですって!こちらのパ~イ、発酵バターを折り込んだ生地をしっかりと焼き、ロールケーキを敷きこんだ上にレアチーズクリームを流し、ワインで洗った無農薬の苺を落っこちるぐらいにたっぷりとのせました。でっかくてこういうど~んとしたケーキ作るのって大好きです。春にしかできない贅沢。
e0078359_2093968.jpg

[PR]

by takanokumiko | 2009-02-21 22:45

お雛様

e0078359_2065053.jpg

市役所近くの一軒家からマンションに自宅を引越しました。始めてのマンション暮らしにお風呂をひとつ沸かすのもへ~~っと大騒ぎです。今時のバスタブには蛇口がないんですね!昨日から仕事を二日間休ませて頂き、引越屋さんの力も借り、どうにか片付きました。バタバタのさなか十年前にパリで買った生地でレースのカーテンまで縫う余裕ありです!けれど慣れない針仕事で老眼がすすみました。明日からは仕事に行けます!二年前病室のベッドでまだ立ち上がれない私の枕元に兄がお雛様と桃の花を飾ってくれました。今日荷物がどうにか片付いた後、出来立てホヤホヤのレースのカーテンをかけ、その次にはこちらを飾りました。本当のお雛様を飾るのにはまだまだ時間がかかりそうです、、、。
[PR]

by takanokumiko | 2009-02-18 20:06

今月のお菓子、桜の香りのジャムです。

今年の冬は暖かですね~。
三年前の冬は暗くてどんよりとしていて寒かったなあ、なんて思い出します。
さて、今月の教室のお菓子は「スッペシャルストロベリーパ~イ」と桜の香りのグリオットのジャムです。
何がスッペシャルかというと折込パイにロールケーキ、チーズクリーム、無農薬のいちごたっぷりと盛りだくさんにドッカーンと組み合わせた感じからちょっと大袈裟に名付けてみました。
でも今日はまずジャムのお話です。
e0078359_20393968.jpg

以前チェリーの加工品というとアメリカ産のダークチェリー、サワーチェリーなどの缶詰が主流でしたが、数年前からフランス産のチェリー(グリオット)の冷凍のよい物が出回るようになりました。
小粒で酸っぱくてさすがサクランボ、桜のい~い香りがします。というよりはおいしいおいしい桜餅の香りです。
いつもこのグリオットを煮ると桜餅桜餅と思っていたので
今年はこの香りで春を表してみようかと、グリオットと少しのフランボワーズ、きび砂糖をコトコトと煮、桜の花の塩漬けで香りを強調させてみました。
教室ではアイスクリームにのっけて召し上がって頂いています。
甘いアイスクリームにしょっぱ酸っぱいジャムの相性がよいかと。
ジャムを煮たり、お豆を煮たり、スープをコトコト、楽しいですね。
[PR]

by takanokumiko | 2009-02-12 20:43

ヨウちゃんの旅立ち

今日でカフェスタッフのヨウちゃんが退社となり、来週就職先の千葉幕張へと旅立っていきます。
ヨウちゃんは中国から来ている留学生。名古屋大学大学院の入学と同時に私たちのカフェで働いてくれました。
黄砂の研究や論文作りを頑張ると同時に就職活動にも忙しく、けれどその見る見る間にも美しく、明るく、より聡明になっていき、若さって素晴らしいなあなんて目映く眺めておりました。
これからは世界に気象情報を発信する会社で活躍です。
昨日は2年間ありがとうの会をチーム八事で開きました。
5年前カフェを開いた頃にはちょっと淋しいさよならも何度か経験しましたが、こういう会は本当に嬉しい。でもちょっと淋しい、、、。
焼肉、カラオケと盛り上がり、フレアーショータイム(お酒のボトルやシェイカーでのパフォーマンス)で有名なバーでもヨウちゃんお祝いをしてもらい、みんなでずっと大騒ぎしました。
ヨウちゃん、中国語の歌うまかったね。(当たり前!)
e0078359_17435869.jpg

e0078359_17441779.jpg

               ヨウちゃんが写ってない!
[PR]

by takanokumiko | 2009-02-08 17:50

姪へのレクチャー

e0078359_1554976.jpg

我が家には今ロンドンの留学から帰国した姪がいます。
東京での就職までの間、私との寅歳末っ子コンビを結成し、面白い共同生活を送っているのですが、その姪が高野家伝来の甘くない具だくさんなお正月の黒豆を教えてほしいという事で今日はいそいそとお豆を煮ました。
黒豆ではなく今回はストックしてあった大豆で作りましたが、あま~く柔らかく煮あがり鼻高々のおばちゃんvicky(私)です。
親孝行などからは無縁な私ですが、おばあちゃん以来のお豆や梅干しを作ると父や兄弟たちがとても喜んでくれます。
中学の時に母が亡くなりましたので直接レクチャーは受けていませんが、味は引き継げるものですね。
私との生活で玄米やお豆が好きになった姪の就職祝いには圧力鍋を選びました。
大学まで学んだ音楽の道でなく新たな仕事を選んだ彼女ですが、頑張れ!
[PR]

by takanokumiko | 2009-02-05 01:55

カイセルのキリム♪

トルコのカイセル(ローマのカエサルから名付けられた街だそうです)という街で織られたキリムが我が家にやってきました。
e0078359_20494067.jpg

私の物のような、そうじゃないような・・・不思議なご縁でやってきてくれた、友人から譲り受けたこの可愛いキリムちゃん。
昨秋にやってきた水屋もそうですがこういう物はご縁ですね。
トルコというよりはナバホ族とかサンタフェスタイルみたいな色合いですが、我が家の日本風な茶色いインテリアにもよく合います。
このキリム、飼い主馬鹿で買った桃色ソファの前に置こうと思っているので早速広げて桃のご機嫌を伺ってみたところ、どうも気に入った様子で今もこのキリムの上で寝転がっています。
今日は節分。
「福ハ内」のお菓子を持って今年もご挨拶に回り、カフェではお寿司のランチを作り・・・、
光の春が始まります。
もう少ししたらお雛様飾りましょう。
[PR]

by takanokumiko | 2009-02-03 20:52