「ほっ」と。キャンペーン

高野久美子のcakeで元気!A piece of pie !

<   2008年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


これがミルクキャラメルフランボワーズケーキです。

e0078359_22395754.jpg

これがミルクキャラメルフランボワーズケーキですが、お持ち帰りの時にはこれにちょっとおめかしして落ち葉がつもった冬の道のようなイメージでチョコレートを飾っています。
召し上がって頂くときにはジンジャービスケットをのっけて。
私はケーキにソースや果物、を添えたりするのがあまり好きではないのでちょっとそっけないですがこ~んな感じでお出しする事が多いです。
本当にそっけないですね・・・。
[PR]

by takanokumiko | 2008-11-27 22:38

キラキラとしたクリスマスプレゼント♪

大久手にあるグローブマーケットは時々カフェの帰りにフラッと輸入雑貨や食材をのぞくのに楽しいお店。
そこで先週クリスマスツリーのランプに被せるビーズカバーというものをみつけました。
わ~っと心惹かれはしましたが、お値段も少し高めだし、今年用にオーナメントも買ったところだし・・・、なんて思っていたところワオッ!チームYAGOTOのみんながちょっと早めのクリスマスってプレゼントしてくれました。
トホホ嬉しい・・・。
教室のツリーは毎年オーナメントでカラー変えていますがこれはずっと使う~。
ありがとうね♪
e0078359_2314529.jpg

そしてもう一つのクリスマスプレゼントは自分から自分へのプレゼントというか今年のご褒美です。台所に置く江戸時代の水屋です。
小さな時育った家の土間には大きな水屋があって、母の漬けた梅干しやら、らっきょうやら、大きなお重やら、時には遠い親戚からのまむしの標本みたいな焼酎漬けなんてものも入っていて私にはビックリ箱みたいな宝箱でした。
けれど高度成長の頃にありがちな話でこんな重たくて使いにくい物という理由で処分されてしまい、同時期に住み込みのお兄ちゃんやお姉ちゃんも、大学に進学した兄や姉もいなくなり私の家は時代の流れと共に変わっていきました。
それから30年以上私もバッタバタと走って生きてきましたが3年前ちょっと息切れ・・・、母の亡くなった病院の病室で何週間か過ごした時家に戻ったら梅干しを漬けよう、大きなおはぎを作ろう、豆を煮ようとずっと考えていました。
それからちゃ~んと毎年漬けている梅干しを入れるため昨日やってきたのがこの水屋。
e0078359_23142386.jpg

水屋を置くために動かされた食器棚の整理は大変だったけれどひとつ大掃除がすんだと思えばね♪
ただ少し暗い色合いに部屋がなってしまうので上には庭の花や籠飾ってみました。
山茶花が生けてある花瓶は以前講師としてお世話になった会社の所長さん作、今はサンフランシスコで陶芸中でいらっしゃいます。(ねっpilarさん!)
でもね、今日一番のクリスマスプレゼントは友人の実はねって話してくれたサプライズ♪
聞いた後に眺めた大津通のイルミネーションとパルコのツリーはキラッキラに輝いていました。
e0078359_2345399.jpg

                これは今朝の桜通のイチョウ並木。
[PR]

by takanokumiko | 2008-11-26 23:17

恋愛上手になるために♪

名演小劇場で「恋愛上手になるために」を観てきました。
おかしな邦題にはひっかかるけれど、ペネロペクルスちゃんとマーティンフリーマンが出ているのであれば決してこの間飛行機で観た「SEX AND THE CITY」やキャメロンディアスのラスベガスどうのなどのような映画ではあるまいと期待。
ニューヨークに住むマーティンフリーマン扮する作曲家のゲリーはドーラ(グウィネス・パルトロウ)と同棲中ではあるけれど二人は完全なる倦怠期・・・。
そんな時、夢の中に毎晩現れる絶世の美女アンナ(ペネロペクルス)に恋をしてしまったゲリーは・・・。
とこんなお話ですが、決してこの邦題から思い浮かべるような内容ではありません。
原題は「THE GOOD NIGHT」
恋なんて夢みたいなもんなんだろうなと切なくなってしまい、恋愛上手にはならない?けれど、
でもアンナのような天使に人は導かれているのよね♪
e0078359_21495590.jpg

観ていけば観ていくほど20年程前のウッディアレンの映画のよう。
不思議な不思議な雰囲気のする映画ですが、映画っていいなあと来月20日封切りの「PARIS」の前売り券を買って帰ってきました。
クリスマスイベント前で大変な時期だと思いますが、映画を観られる余裕がありますようにの願いを込めて♪
私の大好きな映画「ラブアクチュアリー」にマーティンフリーマンはでています。
e0078359_949325.jpg

クリスマスのロンドンが舞台のこの映画、今観るとよりじーんときます。
明日はカフェでクリスマスツリーを飾り、この映画をながしましょうっと。
[PR]

by takanokumiko | 2008-11-24 22:12

ミルクチョコレートフランボワーズケーキ

今月の教室はクリスマスケーキ第1弾、ミルクチョコレートフランボワーズクリームのケーキを作っています。
チョコレートとフランボワーズやカシスの組み合わせはフランス菓子の真骨頂だと思うのですが、この組み合わせ配合がとっても難しい・・・。
チョコレートが味として勝ってしまうか、フランボワやカシスの酸味が際だってしまい、酸っぱいチョコレートケーキになってしまうか・・・。
いつものごとくもう嫌ほったらかし!と思った矢先、
神様がコレを食べてみよ、と言うがのごとく現れたのがショコラティエドュバイヨルさんのトリュフでした。
ミルクチョコレートとキャラメルとフランボワーズの組み合わせというものだったのですが、
そうか~と目から鱗。
酸味を少し抑えるためにはキャラメルをきかすといいのね、
カカオの高いものばかり目がむいていたけれどミルクという選択もあるのね、と。
あっという間にニッコリ解決、今月お教えしているクリームは数年前に無事出来上がりました。
大馬鹿者ではありますがこのクリーム食べるたびにワタクシ「天才!」って叫びます。
(自分の好きな味に作ってるんですからそんなもんです。)

ジェノワーズにキルシュのシロップをしっかりときかせ、クリームと何層にも重ねていきます。表面にはバローナのクロッカンチョコレートを割ってまぶし、(まるで黒胡椒みたいで楽しい感じ♪)チョコレートと魔法の粉をかけて出来上がり。
写真は未だ晴れた日に撮れずでごめんなさい。
今月来月はしっかりゆっくりとクリスマスケーキを仕上げて頂きたいので日頃のおやつはお休みです。
そのかわりロンドンパリのおみやげ、ジンジャービスケットとミルクティー、ピンクペッパーのチョコレートでゆっくりとお茶しましょ♪
魔法の粉と奇跡のメダイュもありますよ。
今週はミートパイにチョコとスパイスのクグロフ、ざくざくクッキー、教室のケーキといっぱいいっぱい作ります。お菓子のおいしい季節です。
e0078359_21524394.jpg

[PR]

by takanokumiko | 2008-11-17 22:12

parisのサロンドショコラに行ってきました♪

e0078359_18175317.jpg

パリのサロンドショコラに行ってきました~。サロンドショコラというのは幕張メッセみたいな所で開かれるチョコレートの見本市です♪
でも♪その前に♪
教室の生徒さんで今は旦那様の赴任でイギリスに住まわれる草子さんに会いにロンドンへ。
ほんの少しのロンドン滞在でしたが、十数年ぶりという事もあって懐かしくて、とても居心地がよくて、
草子さんにはわからぬように、ハイドパークの風景にウルウルッときていた私でありました。
そのハイドパークを通り抜けホテルに到着した時、ロンドンでも今年一番の寒さだったらしく、とてもしんしんと冷える午後でした。
寒いね寒いねと言い合う私たちにホテルスタッフさんたちがあちこちのキャンドルに暖炉にと火を入れて下さり、た~っぷりの紅茶とビスケットを出してくれました。
(このビスケット↓が今回の旅Best sweets大賞!のお菓子です。)
e0078359_1904682.jpg

実は今回イギリス系クリスマスイベントでの五百名様へのお茶とお菓子のおもてなしの何かヒントを探す旅でもあったのですが、
面白いアイデアとかそういう事でなく、寒い寒いもしかしたら雪の降るクリスマスの午後に訪れて下さった方たちがほ~っと暖かくなるそんなおもてなしをしたいという気持ちが大事だわ!!!と強く思ったロンドンknightsbridgeひと晩めの夜でした。
翌日スクランブルエッグをパンにはさんだだけのサンドイッチとカフェオレを戴き、(これもまたパリを含めこの旅行中一番の私の御馳走でした。)
e0078359_191898.jpg

その日のバラマーケットというオーガニック市場でつまみ食いした
コンテ、スティルトンなどヨーロッパ中のチーズ、スペインの生ハム、味は強烈~体はポカポカの芝生と生姜のジュース、三州みりんとたまりも隠し味に入っているというきのこペーストなどびっくりおいしい物がいっぱい!
きのこペーストはparisのキッチンでパスタにして草子さんと食べました♪
どんなレストランの御馳走よりも手をかけていないシンプルな物が一番とつくづく思う私でありました。
草子さんにご一緒してもらいユーロスターで渡ったparisの様子はまた次回書きますね。
フラメンコレッスンに行ってきま~す。
e0078359_1912829.jpg

e0078359_1914712.jpg

e0078359_1944479.jpg

e0078359_192824.jpg

e0078359_1923379.jpg

e0078359_1942991.jpg

写真はキュートな草子さん、犬や動物のインテリアが多かった今回のヨーロッパ、寝酒の一杯、ラフロイグでないところが残念、コレはジャックダニエルの水割り、芝生のジュースに芽キャベツこんなだって知らなかった!
[PR]

by takanokumiko | 2008-11-05 19:08