「ほっ」と。キャンペーン

高野久美子のcakeで元気!A piece of pie !

<   2008年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


高い!では作ろう!でジンジャーシロップ。

今日ちょっとホッとできるお店でジンジャーシロップを見つけました。アメリカからの輸入の物で150ccぐらいでナント4000円!もしていました。
これは自分で作らなくっちゃとすぐに生姜をいっぱい買い込み、おいしい蜂蜜と黒砂糖に漬けました。
いくら有機栽培の生姜が高いとはいえ4000円よりはお安くできます。
私の作ろう!はいつもウワッ!たっか!から始まっているような気がします。
貧乏性も役にたっているのかな・・・。
船場吉兆さんには騙されないタイプ、といえばそうかもしれませんが・・・。
これから冷房や裸足で寒い時期よりも体が冷えてしまう季節、今年の夏はこれで乗り切らなくっちゃ。
e0078359_23341846.jpg

[PR]

by takanokumiko | 2008-05-28 23:34

kumikoの咲く庭。

庭師さんが来られる前の我が家のプチ庭は毎年この時期ぼーぼーのぼー。
大して手入れもしないというのにどの花もどの木もよく育って下さる。ありがとう。
2年前姉にもらったkumikoという紫陽花も私のようにすくすくと巨大に育ち、今年も花が咲き始めました。
e0078359_18131843.jpg

鉢植えだった時は綺麗なピンク色でしたが、
昨年の花は紫色、kumikoさん何だか地味になってしまいましたね~と思っていましたが、今年はこんな色よいわね~
気をよくしてkumikoの横で桃とおもちゃ投げをして遊ぶ。
e0078359_18152021.jpg

毎朝この時間を過ごすと桃は一日中大変機嫌がいいのですが、そのおかげで私は素顔に朝日で真っ黒けとなりました。
ハワイにでも行ったの?ともう数人に聞かれ、いいえ庭です、です。
UV対策もし、蚊よけのシトロネルスプレーもし、庭に出なければいけない時期となりました。
毎日暑いですね。
[PR]

by takanokumiko | 2008-05-27 18:17

初孫会。

初孫会といっても私に初孫できたのよ~、まあ~よかったわね~なんて会ではまだありませんよ。
私の父は40代で孫ができたのですが、そんな年でおじいちゃんになってもちっともうれしくなかったみたい・・・。何て話でなく。
昨日の教室での「初孫会」というのは
山形県のお酒「初孫」を秘蔵の物から何から何まで送って頂き、氷見の鰤やら新湊の蛍烏賊と一緒に楽しみましょうという会でした。
このコーディネイトをして下さった石川県からの谷本さんと飯田市代表の安藤さんを含めメンバーはいつもの愛すべき仲間たち15名。
蔵元で6本しか出来なかったという秘蔵古酒のうちの二本を含め、しぼりたてに、にごり発泡酒に、何やらのセカンドに、とこのあたりでもうわからなくなるぐらいの種類戴きました。
e0078359_19143384.jpg

肴も素晴らしく前日に谷本さんが釣って下さったかさごやいか、氷見の鰤などどっさり。
その中でも感激したのは鯨の昆布じめ、鳥取のするめの麹漬、氷見の蛸、鰤、かさごと山椒のお味噌汁、お味噌も富山県の物で本当においしかった。
e0078359_19171499.jpg

話は初孫に戻りますがこの酒蔵「初孫」さんの息子さん故佐藤久一さんが支配人をされていた映画館とフランス料理店の本を今読んでいます。
「世界一の映画館と日本一のフランス料理店を山形県酒田に作った男はなぜ忘れられたのか」です。
私がフランスやフランス料理に憧れ始めた1970年代のお話や我が母校の校長先生だった辻静雄さんや講習でお会いした事があるポールボキューズさん、レストランピラミッド・・・なんて話も出てきてとても懐かしい。
このフランス料理店で開高健さんがキャビアの前のアペリティフとして昨日頂いた秘蔵初孫を小さなグラスで一杯飲まれる件が書かれています。
先程一人で静かに初孫を頂き思いました。
この蔵のお酒はだらだらと居酒屋さんとかで食べて飲むお酒でなく、大事にとっておいた肴を前にして静かに一杯、酔わずに飲むお酒なんじゃないかと。
仲間と飲む酒、一人でたしなむ酔わない一杯、どちらも幸せ、どちらも必要。
昨日も楽しい時間をありがとうございました♪
[PR]

by takanokumiko | 2008-05-20 19:48

あと三粒。

昨年漬けた梅干があと三粒となってしまい、もったいなくて食べられない・・・。
一昨年始めて梅干にチャレンジした時は心配でちょこっとの1キロ、昨年は少し自信ができて2キロ漬けましたが
それでも1年でなくなっちゃった。
今日有機栽培南高梅を3キロ予約しました。
母ゆずりの紫蘇いっぱい、すっぱ~~い梅干はどこでも手に入らないから今年も漬けなくっちゃ。
e0078359_0142597.jpg

[PR]

by takanokumiko | 2008-05-18 00:18

ピクニックなランチ♪

e0078359_21554281.jpg

今日のカフェのランチは鰤の照り焼きでした。私は一日中教室で生徒さんたちとた~くさんピクニックマフィンを作っていましたが、カフェもピクニック気分でお客様にランチして頂けたようです♪この写真はスタッフが送ってくれたものなんですが、明日はそのスタッフのお子ちゃんの運動会、晴れて気持ちよさそう♪
[PR]

by takanokumiko | 2008-05-16 21:55

ピクニックマフィン

e0078359_21473843.jpg

今月の教室のお菓子はピクニックマフィン。
ゴールデンウィークは過ぎてしまいましたが、まだまだ新緑の美しい季節。
バスケットにマフィンやワイン、ポットのコーヒー・・・いっぱいつめてどこかに行こう!
e0078359_21375144.jpg

という事でバスケットもたくさんご用意しました。

今回の「サワークリームとコーンミールのマフィン」、「ピーナッツバターチョコレートマフィン」、
バターの代わりにサワークリームやピーナッツバター、菜種油を使いコーンミールやピーナッツの味が生きるようにとレシピを考えました。
最初は昨今のバター不足という事で考え始めたのですが、固定観念をなくせばおもしろい色々な物が作れるなあとうれしい発見でもありました。
そしてバスケットにつめてを想定していたらアメリカっぽい仕上がりになりました~。
サワークリームマフィン、教室ではバナナ、生クリーム、メープルシロップで召し上がって頂いていますが、アメリカっぽくソーセージやベーコン、スモークサーモン、クリームチーズ・・・を添えて日曜日の朝食っていうのもいいなあと思っています。
先日のブログでピクニックに行きたいなあと書いたところ、のりのいい友人たちがすぐに反応してくれ、十何名で出かける事となりました。
心優しき友たちよ、ありがとうね
マフィン焼いていきますね
[PR]

by takanokumiko | 2008-05-14 22:05

グリーン、ピクニックな季節。

e0078359_20263018.jpg

携帯の待受画面をこれにしました。携帯をあけると気持ちがよい。
(携帯の色も鮮やかグリーンだし、そういえば車も鮮やか緑ちゃん。)
この写真はある日のカフェのランチのサラダです。
バジルのスパゲッティにこのサラダとカフェで焼いている胡桃パン。
お客様にお出しする時にはサーモンとモッツァレラも添えて。
ほとんど外のようなカフェにとってこの時期はとてもいい季節になりました。
八事の山からの風が通り、修道院の鐘の音だけが聞こえてきます。
私にとってカフェは仕事の場でもあるけれど、ちょっとぼ~っともできる気分転換の場所でもあります。
本当は本当のピクニックに行きたいのだけれどね・・・。
いつもそういう私の私的な願望を形にしてしまっています・・・。
今月の教室のお菓子はピクニックマフィン。
可愛いバスケットにパン代わりにもなる甘くないサワークリームとコーンミールのマフィンとピーナッツチョコマフィン(どっちもバター使ってないもーんだと鼻高々♪)をつめて。
皆さんがそのままピクニックに行けるよう可愛いバスケットもご用意しましたよ~。
ちょっとマフィンをラブリーにしたい時のシュガーのお花も絞って頂いています。
お日様いっぱいな写真が撮れたらまたこちらでもご紹介しますね。
[PR]

by takanokumiko | 2008-05-11 20:59

スペインな夜♪

この二週間バタバタとした日を過ごしていたので今日の1日のお休みはとてもうれしい。
それに仕事でなく自宅で静かに過ごしていれば昨日のナビラさんのフラメンコにずっと1日浸っていられるし。
みんなでファンになってしまった歌い手石塚さん の声がまだ耳にのこってます。
皆さんがフラメンコといってイメージされるものとは少し違う黒やブルーのしなやかなドレスで踊るナビラさんは本当に素敵♪
力強くて、毅然としていて、シンプルで、それでいて優しくて・・・。
私はフラメンコやダンスやスペインの事全然わからないけれど、彼女のフラメンコは誰のものとも違う彼女の踊りだと思う。
一緒にみていた友人たちも彼女がでてくるたびに胸の前で手をにぎにぎとしアドレナリン全開。
こんな素敵なナビラさんを友人に持つ私たちって幸せだねえとも思え大興奮。
その興奮を胸に飲むのはやっぱりスペインワイン。
結局最後は食べ物の話となりますが、
大好きなお店で「フラメンコを見てきてハイテンションなの」という相変わらずな注文をし、用意してもらったのはリベラデルデュエロとリオハのワインとバスク地方のビゴール豚と軍鶏の炭火焼。
e0078359_14412829.jpg

豚といっても鴨のような私の好きな赤っぽい味で、私はお酒もお肉も10日に一度ぐらいしかとらないので、食べる時には生きている力がもらえるようなこういうお肉がよいな。
e0078359_14414366.jpg

ナビラさんも少しの赤ワインと玄米菜食で普段は暮らしているけれど昨日はきっとおいしくワインを飲まれた事と思います。
輝いているナビラさんを見て、一緒に感動できる友人たちに囲まれて、その気分をわかってくれるお店で過ごし、久しぶりな”私”の夜でした。
[PR]

by takanokumiko | 2008-05-10 14:54