「ほっ」と。キャンペーン

高野久美子のcakeで元気!A piece of pie !

<   2005年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


今年のツリーたち


教室とカフェに今年も樅の木ツリーを飾りました。教室には卵色のぬり壁に合わせフェルトのハートや林檎ちゃん、ぶどうちゃんたちを。
カフェにはきらきらと光るグリーンとシルバーのオーナメントで八事の森をイメージして飾りつけをしました。私にとってクリスマスは100%仕事としての思い出しかありません。20年間徹夜も多々、ご注文頂くクリスマスケーキ作り、大須に飾った400個のブラウニーで作ったツリーたち、そして教室・・・。ゆっくりとクリスマスを想う事などありませんでしたが、今年は何だかツリーを飾る幸せを感じる事ができました。今年は特に色々な事がありましたが、それでもこうやって穏やかな気持ちで年の終わりを向かえられるんだと、そんな気持ちで一つずつオーナメントを下げていきました。来年はまたどんな年になるかわかりませんが、毎年ツリーーにはほわほわとしたハートやキラキラと光る美しいオーナメントを飾りたいと思う気持ちを持ち続けていきたいです♪
[PR]

by takanokumiko | 2005-11-28 22:05 | ケーキサロン

初日さんの蔵開き

三重県久居市にある初日さん蔵開きのお手伝いにいってきました。毎年初日さんではこの日、蔵が開放され「あらっぱしり」という、いってみれば新酒ヌーボーがタンクから直接売り出されます。少しシュワッとした飲み口ですーっすーっとはいってしまうのですが、度数も高く後がこわいお酒でもあります~。「あらっぱしり」だけを飲まないようにとお手伝いこの10年で学習し、吟醸、にごりとバランスよく?戴き、夕方になってくるとあ~今年ももう少しで終わりなんだなとしみじみとした気分に。今年もあとひとふんばり。クリスマスまでがんばります。 (はっぴを着ていつも紳士素敵な川端社長さんは私のヨットの大先輩なのです。)
[PR]

by takanokumiko | 2005-11-24 00:11

桃もがんばるフェイスストレッチング!

e0078359_10101746.jpg

お待ちかねの[フェイスストレッチング教室、頬トレーニング編]にいってきました。私は顔が長い!という事は頬も長い!という事は頬がたるみやすい!という事で、気になる法令線削除のためにもしっかりがんばってきました。頬のトレーニングは鏡をみながらでなくてもしやすく、目をつむるわけでもないので私は主に運転中しています。なので私がこれからすごい顔をして運転しているところを目撃されてもびっくりなさらないで下さいね。は~いしてみます。口を縦に大きくあけます。そのまま頬と口角を斜め上にぐいーっとあげていきます。5秒キープです。そして静かにゆっくりと閉じていきまーす。これは簡単です。  もう一つのトレーニングは、箸やストローをくわえ、そのまま口角(頬)をあげてキープをします。うちの桃はコーギーにしては飼い主に似て顔が長い!彼女も実は気にしているらしく箸トレーニングを今朝もがんばっていました・・・。
[PR]

by takanokumiko | 2005-11-15 11:08

和歌山の太刀魚

和歌山の漁師さんから太刀魚が届きました。和歌山はお魚おいしい。お醤油おいしい。リアス式海岸、海もきれい。で、ヨットレース遠征がいつも楽しみな所です。以前、名古屋では聞いた事がない・くえ鍋・というものも食べる事ができました。くえは深海魚で、白身のさっぱりとした身とゼラチン質の身のバランスがよく、野菜までおいしいおだしでたっぷりいただけちゃいます。地元では偽物がでる程の人気で予約も大変な貴重品のようでした。私は自他共に認めるお肉好きですが、ホームポートの三河湾や遠征先の三浦半島、和歌山、博多・・ではいつも新鮮な魚をいただけ、これがまたヨットを続けている大きな理由でもあります。来年もあちこちの海に行き、パワーあふれる元気な方たちとおいしい地酒とおいしい魚ご一緒したいものです。(太刀魚はうろこもなくて調理簡単。唐揚げにして食べました)
[PR]

by takanokumiko | 2005-11-14 23:36 | おいしい

フレンチトースト


これはメーテレカフェのフレンチトーストです。教室でもお教えしています。  40年ちかく前、5~6才の時1人でバスにのりたいとずっとごねていた私に、では、と母は父の仕事先までおやつを届けにいっておいでと指令を下したのです。刺繍のついた水色のワンピースを着せられ、水色のバスケットの中にはたくさんフレンチトーストをつめてもらい出発。母はきっと私の[始めてのお使い]をエレガントに演出したくて水色の装い、フレンチトーストなんて考えてくれたのでしょう。普段のがらっぱちな我が家からは想像出来ない組み合わせです。装いとは裏腹に、バスにのった途端ニタニタとトーストをむさぼり、一張羅のワンピースはしみだらけ・・・それでもからっぽのバスケットを持って無事帰ってきた娘に母は大満足だったに違いありません。優しい味がします。ぜひ作ってみて下さい。バゲットを2cm幅に二枚切ります。卵1コと牛乳50cc.砂糖大さじ1を混ぜ、必ず裏ごしします。中までしっかりとバゲットにしみわたらせ、バターを熱したフライパンでじっくりと焼きます。メープルシロップとおいしい生クリームを添えてどうぞ!
[PR]

by takanokumiko | 2005-11-07 00:54 | カフェ

サンタマリアノベラ教会からやってきた

e0078359_1962273.jpg

昨年まではSARSやテロの関係からか、生徒さんの海外旅行が少ない気がしていましたが、今年は皆さん各国各地に行かれます。そして翌月、楽しいお話と共にその国の空気まで伝わってくるような素敵なおみやげを頂いちゃう私は幸せ者です。卵とレモンたっぷりの焼き菓子や韓国で今人気のプラセンタンパックやつけまつげ、干しいちじくの香りのするグラッパ・・・そしてこの写真に写っているのはフィレンツェにあるサンタマリアノベラ教会で皆さんが買ってきて下さった薔薇の石けん、牛乳の石けん、薔薇の紅茶や蜂蜜です。石けんはお風呂においてあるだけで玄関までいい香りがします。お肌にも大変よろしい感じです。使いきってしまうのは悲しいですが日本のデパートでも売っています。でも!買いません。大事大事だった物が、そこらで買った普通な物になってしまうのはいやなのです。大事なもの程、大事に手にしたいというのが私の考えです。全般的に。  では、なくなった後の石けんどうするの?というとこれまた生徒さんに教えて頂いたコスメデネットというお店のやぎのお乳石けんを買います。男好きのする肌になるという触れこみ一理ありです。
[PR]

by takanokumiko | 2005-11-06 19:43