高野久美子のcakeで元気!A piece of pie !

苺とクリームのまあるいケーキ。

今月の教室のお菓子、苺とクリームのまあるいケーキ。
型にも入れず、天板にものばさず、絞り出しもせず焼きあげた野生児のすくすくビスキュイに、クレームパティシェールと苺をたっぷりとはさみます。
クラスによって、パティシェールにはホワイトチョコレートもきかせ、よりミルキーな風味に。
エキゾチックなフルーツのジュレとライムもひそませ、春を通り越して少し初夏を感じさせるような味わいに仕上げています。
実はこの私が苺そのままという味わいが苦手で、薔薇をきかせたり、タルトであればシナモンを加えたり、生の苺と煮た苺を組み合わせたり、、、少しひねらせて使っているのです。
見た目は家庭的で無駄のない作り方であっても、けれど、今を思わせる香りのマジックと本物の技術は大事と考えています。
今日の教室は基本バージョン。
福岡から届いた特別栽培の苺いっぱいです。
e0078359_1853414.jpg

e0078359_1854711.jpg

大きなシュークリームみたいに見えるでしょ。
型も袋も何も入りませんが、完璧な作り方をしないと出来ないビスキュイです。
今日もいろいろなところでもっともっと、とか、押さえない、ふんわりと、と叫んでおりましたね。
ショコラスプーンは皆さんで楽しく。
e0078359_18283047.jpg

お疲れさまでした~。
[PR]

by takanokumiko | 2010-02-15 18:21
<< サヴィルオレンジ。 ヴァレンタインデーにショコラショー。 >>